ラウンド・練習前の一本で飛距離アップ、ゴルフストレッチングポール

ゴルフストレッチングポールは、伸び縮み自由なので、ジュニアから大人まで、身長に関係なく使用できるゴルフ専用のストレッチポールです。

伸び縮み自由なので、ジュニアから大人まで、身長に関係なく使用できます。

2011年全英オープン覇者のダレン・クラークや、飛ばし屋のダスティン・ジョンソン、 3Rの一人リッキー・ファウラーなどがゴルフバッグに入れて持ち歩く、ゴルフ専用のストレッチポール。 スイング前にちょっと使うだけで、飛距離アップ間違いなし! 

体がスムーズに動いてくれるので、怪我防止にもなるし、翌日の疲れも軽減できます。 肩こり、腰痛などに悩んでいるゴルファーも、是非お試しあれ!

2011全英オープン2位、2011バークレイズ優勝

ダスティンジョンソンの飛距離の秘訣は(上半身の)ストレッチにあった!?

2011全英オープン1位ダレンクラーク

ラウンド、練習前の一本で飛距離アップ。

  • 1練習、ラウンド前のストレッチで体の動きが良くなり(可動域が広がり)、飛距離アップにつながる。
  • 2怪我防止や、疲れ、腰痛、肩こりの解消にもなる。
  • 32011年の全英オープン優勝者、2位の選手両方がバッグに入れてプレーした。
  • 4リッキーファウラーも愛用
  • 6USGAの規則に準じて、ラウンド中の使用も認められている

スイング前の一本で、飛距離アップ!!

ゴルフ・ストレッチング・ポールは、USGA(全米ゴルフ協会)のルール14-3に準拠。

公式試合でもゴルフバッグに入れて、ラウンド中も使用することが許可されています。

フルスイングストレッチ(メニュー1番下にあります)だけでも十分ゴルフに必要なストレッチが出来ますが、 さらに効果を得たい方は、下に各部位のストレッチメニューが掲載されていますので、是非お試しください。

ゴルフストレッチングポールメニュー

1首のストレッチ

1-1

  • 真っ直ぐに立ち、顔の高さぐらいで、ひだり手でハンドルを持ちます。
  • ポールをひだり足の横に置きます。
  • みぎ手は、みぎ腰におきます。
  • そのままの状態で、ひだり腕を伸ばします。

1-2

  • ひだり腕を伸ばしたまま、ゆっくり、みぎ側に首を傾けます。首がストレッチされているのが感じられます。
  • 伸びの感じ方が足りない方は、みぎ手で頭を抑え、さらにみぎ側に軽く傾けてみましょう。
  • 15~30秒伸ばしたら、反対側も伸ばしましょう。

2背中・腰のストレッチ

2-1

背中・腰のストレッチ
  • ハンドルの高さが胸の位置ぐらいになるように、長さを調整します。
  • ハンドルを両手で握り、膝を軽く曲げます。
  • スタンス幅(足幅)は、肩幅より広くするようにしましょう。

2-2

背中・腰のストレッチ
  • 上記の姿勢から、ゆっくり、両腕を伸ばし、お尻を後ろに引きます(腰を下ろすようにします)。
  • 伸びの感じ方が足りない方は、ゆっくり、上体を左右に揺らしてみましょう。
  • 15~30秒伸ばしたら、元の位置に戻ります。

3胸のストレッチ(肩甲骨可動域)

3-1

胸のストレッチ(肩甲骨可動域)
  • 真っ直ぐに立ち、顔の高さぐらいで、ひだり手でハンドルを持ちます。
  • ポールをひだり足の前に置きます。
  • みぎ手は、みぎ腰におきます。

3-2

胸のストレッチ(肩甲骨可動域)
  • そのまま、ゆっくり、ひだり腕を後方(背側)に持っていきます。この時、顔は正面を向いたままです。
  • 伸胸が伸びているのが感じられます。
  • このストレッチは、ゴルフスイングのトップ、フィニッシュ時の肩甲骨の柔軟性・可動域に大変効果があります。
  • 15~30秒伸ばしたら、反対側も伸ばしましょう。

4肩(三角筋)のストレッチ

4-1

肩(三角筋)のストレッチ
  • 真っ直ぐに立ち、顔の高さぐらいで、ひだり手でハンドルを持ちます。
  • ポールをひだり足の前に置きます。
  • みぎ手は、みぎ腰におきます。

4-2

肩(三角筋)のストレッチ
  • そのまま、ゆっくり、ひだり腕を体の前(胸の前)に持っていきます。
  • ひだり肩(三角筋)が伸びているのが感じられます。
  • 伸びの感じ方が足りない方は、ゆっくり、みぎ手でポールをさらに下方に押してみましょう。
  • 15~30秒伸ばしたら、反対側も伸ばしましょう。

5フルスイングストレッチ

5-1

フルスイングストレッチ
  • 頭の上5cmぐらいのところで、ハンドルを握ります。
  • スイングする際のアドレスと同様、膝を軽く曲げて立ちます。
  • ゆっくり、バックスイングの動きをします。この時、ひだり腕を伸ばすようにします。

5-2

フルスイングストレッチ
  • 下半身(腰、膝)は、なるべく正面を向いたままにすると、よりストレッチ効果が出ます。

5-3

フルスイングストレッチ
  • さらにストレッチしたい方は、ポールをみぎ足よりにセットしましょう。
  • もっと、さらにストレッチしたい方は、膝を深く曲げて、上体を下げるようにしましょう。

5-4

フルスイングストレッチ
  • 15~30秒伸ばしたら、反対側(フィニッシュ)も伸ばしましょう。

ゴルフストレッチポールお買い求めの場合、 お支払い方法は「クレジットカード」のみとさせて頂きます。 何卒ご了承下さい。

お問い合わせ
人工芝の販売・施工会社 | 株式会社スターラインジャパン 人工芝の販売・施工会社 | 株式会社スターラインジャパン